新しい生活が始まったり、新しい環境に変わったり、そんな4月も終わって緊張が少しゆるむ頃ではないでしょうか?体調を崩されたりしてはいませんか?
今月よりITサポートありのみではスタッフメンバーが色々な視点から情報提供していく予定です。

今回のテーマはブルーライトです。

ブルーライトを浴びすぎて子供たちの睡眠に影響が出ているなんていう報道を耳にしたことはありませんか?男子のほうがその影響が出ているとの調査結果が出ていました。

ブルーライトって何?と言う方へ。簡単に言うと青色の光のこと。スマホが青色に光っているわけではないのですが、スマホやパソコンでは白色LEDを作るために、青色の光源が多く使われているのです。ですから、実際は青色の光を感じてなくても、青色を浴びていることになるのです。

この青色は必要以上に浴びるとメラトニンという人間の眠気を誘う物資が抑制されて体内時計が壊れる原因になります。そうなると、お家でスマホを見ているときはお目目ぱっちり、スマホから離れて学校に行ったら眠気が襲ってくるなんてことになってしまいそう。寝る前にはスマホから少し離れていたほうが良質な睡眠がとれそうですよ。
ご家庭でも注意してあげてくださいね。

今回の担当は佐野でした。次回はイラストレーターの窪田さんです。お楽しみに。