今日はEXCELを使いこんでいる皆さんへのお話。

表の中でセルを連結して中央揃えなんていう技はよく使いますよね
でもこれって、ちょっと面倒なことありませんか?

あとで、コピーしようとしたときには、セルの大きさが違うと貼り付けられない、
意図しない形式で貼り付いてしまったなど・・・。
あとで、結合すべきじゃなかったと気が付いたときには、一度結合を解除してから、
修正し、とても面倒!と思うことが最近しばしばあるのです。

そんな時、
セルの書式設定の中の、文字の配置の横位置のなかに、
範囲選択範囲内での中央というのがあります。
表全体を範囲指定しておいてから、上記の設定をかけると、
なんと、きれいにセル結合したかのように中央揃えが出来上がるのですね。

しかも、結合したわけではないので、修正も楽々。
それにあとで追加した時も、何事もなかったかのように普通にセルに追加してくれる。
なかなか重宝な技ではありませんか・・・。


【本記事について】
2007年1月~2013年8月発行のメールマガジン 「ITサポートありのみ通信」から
記事をピックアップしてご紹介!